HemoCueロゴ

感染

本当に必要なときに抗菌薬を

抗菌薬の過剰処方と耐性菌は、常に議論となる2つのトピックです。漠然とした症状の患者を正確に診断することは必ずしも容易ではありません。病気の子どもについて両親の要望に抵抗することが困難な場合があります。同じ症状がウイルス感染の症状あるいは細菌感染によって引き起こされていることもあります。確認する方法は何でしょうか。適正な診療のためには、疑いだけでなく事実に基づいて治療が行われます。それにより、我々は抗菌薬の賢明な処方の恩恵を受けます。ヘルスケアにおいて抗菌薬を処方するか否かを判断する簡単な方法がありますか?

HemoCue WBC DIFFを使用すると、症状をサポートする迅速な結果が得られます。これらを組み合わせて、抗菌薬治療の必要性の有無を決定することができます。

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について